日本の行事・暦を気軽に楽しく生活に取り入れてみませんか。 koyomigyouji.com
 気軽に、楽しく取り入れよう
日本の行事・暦
  日本の行事・暦 >  ことわざあれこれ > な行

ことわざあれこれ




 な 行

【PR】 【三越】三越のお中元 2018
「日本の行事・暦」TOP
国民の祝日・休日
年中行事・節句
二十四節気
雑節
月別
お祝い事
日本の祭り
行事食
元号・西暦・年齢早見表
季節の花
旬の食材
お正月あれこれ
ことわざあれこれ
あ行
  か行
  さ行
  た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
リンク
無い袖は振れない
実際にないものはどうしようもない。してあげたいと思っても、力がなくてどうにもならない。
  ※袖は財布を入れておくところなので、お金がないというときに使います。
 
情けは人のためならず
他人に情けをかけることは、その人のためになるばかりではなく、巡り巡って自分にも返ってくるから、自分のためにもなる。だから積極的に親切を心がけるべきであるということ。
※誤った意味で使われることの多いことわざのひとつですね。情けをかけるとその人のためにならないと思っていた人も多いのでは? 人には親切にしてあげる方がいいのです。
■ 怠け者の節句働き
  普段怠けている者に限って、人が休んでいるときに張り切って働くものであるということ。普段からまじめにしっかり働きましょう。
   
   横着者の節句働き 野良の節句働き 怠け者の宵働き 無精者の一時働き
 
二階から目薬
思うようにやれずもどかしいこと。また、回りくどくて効き目のないことや不適切なやり方のたとえ。
 
 天井から目薬 二階から尻炙(あぶ)る 月夜に背を炙(あぶ)る。灯心で竹の根を掘る
盗人を捕らえて縄をなう
  準備を怠り、事が起きてからあわててその対策を考えること。普段の備えをせずに場当たり的に行動しても手遅れです。
   
   戦を見て矢を矧(は)ぐ 渇して井を穿(うが)つ 火事の後の火の用心
 関連書籍
まんがでわかることわざ 300
よだひでき 著/ブティック社
子ども向けのムック。4コマまんがでことわざの意味、使い方を解説しています。
 
ことわざ絵本
五味太郎 著/岩崎書店
発行されてからずっと読まれている絵本です。子どもと一緒にことわざのお勉強するのにおすすめ。
 
大切にしたい、にっぽんの暮らし。
さとうひろみ 著/サンクチュアリ出版
これまで年中行事や歳時記にあまりなじみのなかった方の入門書としておすすめ。やわらかいタッチのイラストが満載でとてもわかりやすく楽しい構成になっています。
 
日曜日のアイデア帖 ~ちょっと昔の暮らしかたで楽しむ十二か月~
大平一枝 著/ワニブックス
古くから伝わる季節の行事を取り入れて、暮らしを豊かに過ごそうという、解説本とはちょっと角度を変えた内容です。





麻の長日傘


南部鉄器 小鉄瓶

「九谷和グラス」の
ロックグラス


あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行




  ▲このページのTOPに戻る
TOP 国民の祝日・休日 年中行事・節句 二十四節気 雑節 月別 お祝い事 日本の祭り
行事食 元号・西暦・年齢 早見表 季節の花 旬の食材 お正月あれこれ ことわざあれこれ リンク
Copyright(C)2005-2018 koyomigyouji. All Rights Reserved.