日本の行事・暦を気軽に楽しく生活に取り入れてみませんか。 koyomigyouji.com
気軽に、楽しく取り入れよう
日本の行事・暦


 日本の行事・暦年中行事・節句 > 重陽の節句

年中行事・節句


【PR】 イーフローラならお届けしたお花の商品の画像をお届け!(全国配送料無料)

重陽(ちょうよう)の節句 

9月9日。 「九」という陽の数が重なることから重陽(ちょうよう)といいます。

昔、中国では奇数を陽の数とし、陽の極である9が重なる9月9日は大変めでたい日とされ、の香りを移した菊酒を飲んだりして邪気を払い長命を願うという風習がありました。日本には平安時代の初めに伝わり、宮中では観菊の宴が催されました。菊の節句、菊の宴とも言われています。

収穫の時期にもあたるため、庶民の間では「栗の節句」としてお祝いをしていました。今も、太宰府天満宮の秋思祭(しゅうしさい)など、各地で菊を愛でる祭りや行事が催されています。

華道の世界でも大切な日

華道を嗜む者にとって、この日はとても大切な日なんです。のみを使ったお生花(せいか)をいけます。
お正月に若松だけでいけられた生け花をご覧になられたことがおありでしょう。
華道では節目節目に、その季節の象徴とされる花1種のみでお生花を生けますが、その中でも重陽の節句に菊をいけるのは、ある意味儀式のようなもので、特別な日なんですよ。


の花を生けます。
菊酒をいただきます。
・献立の一品に食用菊をあしらったものを盛り込むと風情がありますね。
・「栗の節句」ともいわれていたようですので、栗ご飯をいただくのも季節感があっていいと思います。
 
  菊酒
菊の花びらを浮かべたお酒。

栗ご飯

 栗ご飯のレシピ(キッコーマン)

薬効や邪気を祓う効果があるとされています。
 五節句 人日 桃の節句 端午の節句 七夕 重陽の節句

 9月の行事
 上賀茂神社(重陽神事)

 大宮八幡宮(菊被綿・きくのせわた)

 市比賣神社(重陽祭)

 関連書籍
おりがみ自遊帖 五節句を折る―ひなまつり・端午の節句・七夕まつり・重陽の節句・お正月
おりがみ会館館長の著者が、七夕やひなまつりなど、五節句の折り紙を紹介しています。
 
大成功するやさしいキクづくり12カ月―豪華な美しさを楽しむ栽培テクニック
菊の栽培手順がしっかりわかるプロセス写真でわかりやすく解説されています。
 
だれでも素敵にできるはじめての簡単いけばな
いけばなの入門書。プロセスを写真で丁寧に解説しています。初めての方用。
 
昔ながらの行事と手仕事をたのしむ、十二か月のレシピ にほんの食ごよみ
昔から伝わる季節ごとの行事や手仕事を楽しみたい人のためのレシピを収録。イラストを交えて、わかりやすく紹介されています。
 
人気の麺・ご飯料理―料理ならおまかせ
うどん・そば・そうめん、中華麺、アジア麺、炊き込みご飯・おこわ、お粥・雑炊・お茶漬け、丼物、すし、中国&アジアご飯などの永久保存レシピ240品が紹介されています。
 
日本の「行事」と「食」のしきたり
昔から受け継がれている季節ごとの行事と食の関わりや、その由来などについて解説されています。
 
日本の四季ごちそう暦―伝えたい旬菜と行事食
女子栄養大学調理学教授である著者が季節料理や行事食の由来や起源を丁寧に解説。レシピも掲載されています。
 
こどもと楽しむにほんの行事ごはん―自然の恵みと暦をゆったり味わう12月のレシピ
おせち料理、七草粥、節分の日のごはん、お節句料理、春の摘み草料理、梅干し作り、お月見のお団子、冬至の日のごはんなど、年中行事のごはんレシピ集です。




ぼたん菊柄の風呂敷

菊の帯飾り

和プリザーブドフラワー「菊華・京紫」
 
▲このページのTOPに戻る
TOP 国民の祝日・休日 年中行事・節句 二十四節気 雑節 月別 お祝い事 日本の祭り
行事食 元号・西暦・年齢 早見表 季節の花 旬の食材 お正月あれこれ ことわざあれこれ リンク
Copyright(C)2005-2016 koyomigyouji. All Rights Reserved.