日本の行事・暦を気軽に楽しく生活に取り入れてみませんか。 koyomigyouji.com

 気軽に、楽しく取り入れよう
日本の行事・暦

鏡開き・どんと焼き

  日本の行事・暦 > お正月あれこれ > 鏡開き・どんと焼き
 
【PR】 ご自宅用のグルメは『お買い得マルシェ』で賢くショッピング

鏡開き

年神様に供えた鏡餅を雑煮やおしるこなどにして食べ、一家の円満を願う行事。
一般的には11日に行います。

元々は鎧などの具足と一緒に供えた餅を雑煮にして食べる「具足開き」という武家の風習で、1月20日に行われていました。
三代将軍徳川家光が1月20日に亡くなったため、20日を忌日として避け11日に行うようになりました。
武家の風習であったため、刃物で切るのは切腹を連想させるので、手で割ったり、木槌で砕いたりしました。手で割るのは大変そうですね。
「切る」という言葉を避けて「開く」という縁起の良い言葉を用いています。
鏡は円満を意味します。

最近は、小分けにした餅が入った鏡餅が主流になってきているようですので、大きなお餅を割るという行為はなくなりつつありますが、お供えしたお餅をおしるこなどにしていただくという習慣は続けていきたいものですね。



どんど焼き(どんと焼き・左義長)

主に小正月に行う火の祭。
元日にお迎えした年神様を火に乗せて天にお返しする行事です。
元々は平安時代に宮中で行われていた小正月に吉書を焼く儀式。

神社などに、正月のお飾りや書き初めを持ち寄って焼きます。
「その火で焼いた餅を食べると、一年間無病息災で過ごせる」「火に当たると若返る」「書き初めを焼いた炎が高く上がると字が上手になる」などといわれています。



 関連書籍
十二しのはじまり―お正月に読む絵本
小暮正夫 著/世界文化社
十二支はどのようにして決まったのか。猫はどうしていないのか。子どもと一緒に読みたい絵本です。
 
おしょうがつさん どんどこどん (ワンダーおはなし絵本)
長野ヒデ子 著/世界文化社
おばあちゃんが孫にお正月のいろいろを教えてあげるお話。素朴なイラストもかわいいです。
 
知識ゼロからの着物と暮らす入門 (幻冬舎実用書―芽がでるシリーズ)
着物が身近なものになれば楽しいですね。




片 口

越後ゆのたにの
ぜんざい


漆の汁椀



 
  ▲このページのTOPに戻る
TOP 国民の祝日・休日 年中行事・節句 二十四節気 雑節 月別 お祝い事 日本の祭り
行事食 元号・西暦・年齢 早見表 季節の花 旬の食材 お正月あれこれ ことわざあれこれ リンク
Copyright(C)2005-2018 koyomigyouji. All Rights Reserved.