日本の行事・暦を気軽に楽しく生活に取り入れてみませんか。 koyomigyouji.com

 気軽に、楽しく取り入れよう
日本の行事・暦

入 梅(にゅうばい)

  日本の行事・暦 >  雑節 > 入梅
 
【PR】 阪急沿線や京阪神のオススメショップがTOKK*MALLに大集合!

6月11日頃(2018年は6月11日)。
昔は芒種の後の最初の壬(みずのえ)の日とされていましたが、現在は太陽黄径80度の日とされています。
芒種から数えて6日目頃。

暦の上での梅雨入り。
梅の実が黄色く色づき、梅雨 に入る頃を示します。実際の梅雨入りとは異なります。
この日から約30日間が梅雨の期間になります。

農家にとっては、田植えの日を決めるうえでも、梅雨の時期を知ることは重要でした。昔は、今のように気象情報が発達していないため、江戸時代、目安として暦の上で入梅を設けたのだと考えられています。



梅雨(ばいう・つゆ)

中国、韓国、日本(北海道を除く)などの東アジアに見られる雨季のこと。
中国で梅の実が熟する頃の雨季を梅雨(めいゆ)と呼ばれていて、それが日本に伝わったとされています。また、黴(かび)が生えやすい時季なので「黴雨」と書いて「ばいう」と名付けられたようですが、ちょうど梅の実が収穫される頃にあたることから「梅」の字をあてて「梅雨」と書くようになったといわれています。

「つゆ」という呼び方については「露」、梅の実が熟して潰れる時季であることから「潰ゆ(つゆ)」など、諸説あります。

古くは「五月雨(さみだれ)」「つゆ」「ながし」などと呼ばれていました。


入梅鰯(にゅうばいいわし)

梅雨時の真鰯のこと。このころの鰯は産卵前で、年間を通して最も脂がのっておいしいとされています。

 小満

 夏至

 6月の行事


 梅雨時のカビ対策(小林製薬)

 季節の言葉
梅雨晴れ
梅雨が終わって晴れること。
または、梅雨の晴れ間のこと。五月晴れともいいます。
 
 関連書籍
日本のしきたり 伝統行事の知恵と心
飯倉晴武 著/宝島社
古くから伝わるしきたりや行事をやさしく解説。見開き1項目ずつで読みやすい内容です。これから学びたいという方に。
 
日本の歳事としきたりを楽しむ
芳野宗春 著/PHP研究所
茶道の宗匠である著者が四季折々の歳時を月ごとに紹介。しきたりに込められた意味や暮らし方がていねいに綴られています。
 
英語対訳で読む日本のしきたり
外国の方に日本の文化を説明するのは、結構難しいもの。この本は、日本の古くからのしきたりを日本語と簡単な英語で解説されています。英語の勉強にもなりますね。
 
くらしのこよみ
うつくしいくらしかた研究所 編集/平凡社
七十二候ごとに旬の食べ物や行事などが紹介されています。写真が多く使われていて、ページを開くたびに季節の香りが伝わってきます。B6版の横サイズ。




スカイアンブレラ


バンブースクリーン

「八百廣」の賀茂茄子
  ▲このページのTOPに戻る
TOP 国民の祝日・休日 年中行事・節句 二十四節気 雑節 月別 お祝い事 日本の祭り
行事食 元号・西暦・年齢 早見表 季節の花 旬の食材 お正月あれこれ ことわざあれこれ リンク
Copyright(C)2005-2018 koyomigyouji. All Rights Reserved.