日本の行事・暦を気軽に楽しく生活に取り入れてみませんか。 koyomigyouji.com

 気軽に、楽しく取り入れよう
日本の行事・暦

十 三 夜

  日本の行事・暦 >  年中行事・節句 > 十三夜
 
【PR】 2018年の紅葉ツアー・秋の旅行に行くなら「びゅう」

旧暦の9月13日、新暦では10月の中・下旬(2018年は10月21日)。
十五夜中秋の名月と呼ぶのに対し、十三夜は「後の月(のちのつき)」「豆名月」「栗名月」ともいいます。

旧暦の毎月13日の夜を「十三夜」といっていましたが、9月13日の夜は、十五夜についで美しい月とされ、宮中では、古くから宴を催すなど月を鑑賞する風習がありました。十五夜は中国から伝わったものですが、十三夜は日本固有の風習で、秋の収穫祭の一つではないかと考えられています。

一般に十五夜に月見をしたら、必ず同じ場所で十三夜にも月見をするものともされていました。これは十五夜だけ観賞するのは「片月見」といって忌まれていたからです。

十五夜に比べてあまりなじみがないかもしれませんが、日本独自の文化でもありますから、十三夜のお月見も楽しみたいものです。




・すすきや秋の七草を飾ります。
・団子13個と大豆や栗を中心にした、秋の農作物や果物をお供えします。
・縁側や窓辺など、お月様の見えるところにお供えしましょう。

※すすきの本数など、決まりごとはありません。秋の七草のどれかを添えたりして、自分スタイルのお花を飾ってください。

  月見団子
形は、地方によって様々。全国的にはまん丸のものが一般的のようですが、里芋を模した細長いものなど、いろいろな種類があります。
京都を中心にした関西は、細長いお団子の中央に餡を巻いて、雲のかかった月を表現したお団子です。

栗御飯


すすき
イネ科の植物。秋の七草のひとつ。
魔除けの力があるといわれています。

秋の七草
萩(はぎ)・桔梗(ききょう)・葛(くず)・撫子(なでしこ)・尾花(おばな※「すすき」のこと)・女郎花(おみなえし)・藤袴(ふじばかま)
春の七草はお粥にしていただきますが、秋の七草は見て楽しみます。
 月の満ち欠けの呼び名
・新月(しんげつ)/朔(さく)
・二日月(ふつかづき)
・三日月(みかづき)
・上弦の月(じょうげんのつき)
・十日夜(とおかんや)
・十三夜(じゅうさんや)
・小望月(こもちづき)
・満月(まんげつ)
・十六夜(いざよい)
・立待月(たちまちづき)
・居待月(いまちづき)
・寝待月(ねまちづき)
・更待月(ふけまちづき)
・下弦の月(かげんのつき)
・有明月(ありあけづき)
・三十月(みそかづき)
 
 関連書籍
和食育二十四節気
野崎洋光 著/光文社
有名料理長の野崎洋光が二十四節気や季節の暮らしを交えながら、食育の知恵を教えてくれているお役立ち本です。
 
三越伊勢丹の最新 儀式110番
三越伊勢丹ホールディングス 著/誠文堂新光社
冠婚葬祭のあらゆることをQ&Aの形で解説。イラストや写真を交えてわかりやすく、知りたいことをピンポイントで調べられます。豆知識も掲載されていてとても充実した内容になっています。
 
常識として知っておきたい日本のしきたり
年中行事や古くから伝わる習慣などの由来や作法などを解説した本です。
 
季節の献立88レシピ
亀山泰子 著/イカロス出版
旬の素材を活かした季節ごとの料理を紹介。写真が上手に使われていて、とてもわかりやすい構成になっています。月ごとの行事食やおもてなし料理も掲載されています。
 
子どもに教える 今日はどんな日?
年中行事のなぜ?何?を子供と一緒に学べる本です。




月見酒の上善如水


岸根(がんね)ぐり


うさぎ団子
 




  ▲このページのTOPに戻る
TOP 国民の祝日・休日 年中行事・節句 二十四節気 雑節 月別 お祝い事 日本の祭り
行事食 元号・西暦・年齢 早見表 季節の花 旬の食材 お正月あれこれ ことわざあれこれ リンク
Copyright(C)2005-2018 koyomigyouji. All Rights Reserved.