日本の行事・暦を気軽に楽しく生活に取り入れてみませんか。 koyomigyouji.com
気軽に、楽しく取り入れよう
日本の行事・暦


 TOP雑節 > 彼岸

雑 節


【PR】 静かに故人を偲ぶ「メモリアルフラワー」

 彼岸(ひがん)

春分秋分の前後3日を合わせた7日間。

2017年は、
春の彼岸:3月17日〜23日
秋の彼岸:9月20日〜26日


最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」、真ん中にあたる春分秋分を「彼岸の中日(ちゅうにち)」といいます。

仏教では、私たちの住む世界をこちらの岸、三途の川(さんずのかわ)を挟んで、ご先祖様の霊が住む世界をあちらの岸と考えられていて、こちらの岸を「此岸(しがん)」あちらの岸を「彼岸」といいます。
この極楽浄土は西の彼方にあるとされているため、太陽が真西に沈む春分秋分にお墓参りや先祖供養を行うようになりました。これは仏教にはない習慣で、日本独自のものです。
中日に夕陽を拝むと功徳があるといわれています。

お寺では、この期間「彼岸会(ひがんえ)」の法要が営われます。

「ぼた餅」と「おはぎ」
お彼岸と言えば「おはぎ」ですよね。地域によっては「ぼた餅」とも呼びますが、これは同じもの?
はい。同じものなんです。

漢字で書くと「お萩」と「牡丹餅」。
小豆の粒を萩の花に見立てて「お萩」、牡丹の花に見立てて「牡丹餅」と呼んだのです。ですから、厳密に言うと春は「ぼた餅」、秋は「おはぎ」ということですね。

小豆の赤色には災いが身に降りかからないようにするおまじないの効果があるんだそうです。



・仏壇、仏具の掃除。
・供花や菓子、果物などをお供えする。
・朝晩に灯明(とうみょう)を灯しお線香をあげる。
・お墓の掃除。
・お墓参り。
・中日に夕陽を拝む。
精進料理

春:ぼた餅
秋:おはぎ


※地方によってはお団子やいなり寿司をお供えしたり、いただいたりするところもあります。
 春分 春分の日

 秋分 秋分の日

 3月の行事

 9月の行事

 暑さ寒さも彼岸まで
 お墓参りの仕方便利!わかりやすい!冠婚葬祭マナー)

 おはぎの作り方(NHKみんなのきょうの料理)
 関連書籍
やさしく作れる本格和菓子
清真知子 著/世界文化社
本格的な和菓子作りにチャレンジしたいと思っていらっしゃる方におすすめ。プロセスごとに写真が掲載されていてわかりやすく、解説も丁寧です。
 
日本の七十二候を楽しむ ―旧暦のある暮らし―
白井明大 著/東邦出版
二十四節気をさらに3つに分けたものを七十二候といいます。その七十二の季節を旧暦の暮らしをテーマに紹介しています。
 
こどもと楽しむにほんの行事ごはん―自然の恵みと暦をゆったり味わう12月のレシピ
おせち料理、七草粥、節分の日のごはん、お節句料理、春の摘み草料理、梅干し作り、お月見のお団子、冬至の日のごはんなど、年中行事のごはんレシピ集です。
 
京都12カ月 年中行事を楽しむ
京都の四季を彩る年中行事を月ごとに紹介されています。それぞれの由来がわかると共に、京都を旅する時のガイドとしても役立つ1冊です。
 
日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心
手元にあると便利な一冊です。とても簡潔にわかりやすく解説されています。
 
12ヶ月のしきたり―知れば納得!暮らしを楽しむ
いざという時に便利なしきたりの本。子供にもわかりやすく書かれています。
 
和菓子のこよみ12ヶ月
二十四節気をさらに3つずつに分けたのが「七十二候」。そのそれぞれの候に食べたい和菓子をイラストと文で紹介されています。
 
二十四節気でわかる 園芸作業―立春、啓蟄、穀雨、夏至etc.
各季節の12カ月の各月を上旬、中旬、下旬の3つに分け、それぞれの時期の主な園芸作業をイラスト入りでわかりやすく解説されている園芸読み物です。
 
大切にしたい、にっぽんの暮らし。
さとうひろみ 著/サンクチュアリ出版
年中行事や歳時記をやさしいタッチのイラストをふんだんに使って解説。いろいろ知りたいけど小難しいことは苦手、という方にはおすすめです。



お供え用プリザーブド
アレンジメント

鳩居堂のお線香


ご供養セット



▲このページのTOPに戻る
TOP 国民の祝日・休日 年中行事・節句 二十四節気 雑節 月別 お祝い事 日本の祭り
行事食 元号・西暦・年齢 早見表 季節の花 旬の食材 お正月あれこれ ことわざあれこれ リンク
Copyright(C)2005-2017 koyomigyouji. All Rights Reserved.