日本の行事・暦を気軽に楽しく生活に取り入れてみませんか。 koyomigyouji.com
気軽に、楽しく取り入れよう
日本の行事・暦

「日本の行事・暦」のTOP
国民の祝日・休日
年中行事・節句
二十四節気
雑節
月別
お祝い事
日本の祭り
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
行事食
元号・西暦・年齢早見表
季節の花
旬の食材
お正月あれこれ
ことわざあれこれ
リンク



a
 日本の行事・暦 >  日本の祭り > 3月

日 本 の 祭 り

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

【PR】 マイルがたまる JALショッピング
3月
 

修二会(しゅにえ)

3月1〜14日
奈良県奈良市
東大寺二月堂

天平勝宝4年(752年)、東大寺開山良弁僧正(ろうべんそうじょう)の高弟、実忠和尚(じっちゅうかしょう)によって始められたと伝えられます。
正式には 「十一面悔過(じゅういちめんけか)といい、二月堂の本尊の十一面観音様に11人の練行衆(れんぎょうしゅう)が人々にかわって罪を懺悔し、国家の安泰と万民の豊楽を祈る法要です。
2月20日から前行に入り、3月1日からは14日までの本行に入ります(3月15日:満行)。
もともとは旧暦の2月に行われていた行事で「修二会」と呼ばれています。
3月12日深夜には「お水取り」といって、若狭井(わかさい)という井戸から観音さまにお供えする「お香水(おこうずい)」を汲み上げる儀式が行われます。また、この行を勤める練行衆の道明かりとして、大きな松明に火がともされます。

東大寺公式サイト
奈良市観光協会
奈良の宿
奈良の天気


塩釜神社帆手祭

3月10日
宮城県塩釜市
塩釜神社

日本三大荒御輿の一つ。
天和2年(1682)塩竃が大火に見まわれ、港に出入りする船も減少し地域が衰退した時に火災の鎮圧と景気回復を祈って始められた祭。今も厄除けと繁栄を祈願する火伏の祭として続けられています。港町塩竃で行われることにちなんで、帆手祭と呼ぶようになりました
重さ約1トンの大神輿を若者達が担いで、参道・表坂を一気に下り、市内を勢いよく巡行する勇壮で荒々しい様子が祭りの華になっています。

塩釜神社
塩釜市観光物産協会
塩竈市のホームページ
松島・塩竈・南三陸の宿
塩竈市の天気



 関連書籍
京都おさんぽマップ
ブルーガイド編集部 編集/実業之日本社
京都を楽しむモデルコースがたくさん紹介されています。地図がわかりやすくて便利。
 
日本の祭りがまるごとわかる本
芳賀日向 著/晋遊舎
祭りの由来やアクセス、見どころなどがまとめられたガイドブックです。
 
日本茶ソムリエ・和多田喜の今日からお茶をおいしく楽しむ本
お茶は入れ方次第で、おいしさが全く違ってくるもの。ビギナーでもわかるように、やさしく解説されています。
 
和食育二十四節気
有名料理長の野崎洋光が二十四節気や季節の暮らしを交えながら、食育の知恵を教えてくれているお役立ち本です。
 
日本の「行事」と「食」のしきたり
昔から受け継がれている季節ごとの行事と食の関わりや、その由来などについて解説されています。
 
大切にしたい、にっぽんの暮らし。
さとうひろみ 著/サンクチュアリ出版
これまで年中行事や歳時記にあまりなじみのなかった方の入門書としておすすめ。やわらかいタッチのイラストが満載でとてもわかりやすく楽しい構成になっています。


1月 三寺まいり 十日戎
2月 初午大祭 さっぽろ雪まつり
3月 修二会(しゅにえ)  塩釜神社帆手祭
4月 犬山祭  花祭り  長浜曳山まつり  春の高山祭(山王祭)  古川祭
5月 博多どんたく 浜松まつり 神田祭  三社祭  葵祭  下田黒船祭  仙台・青葉まつり
6月 YOSAKOIソーラン祭り
7月 博多祇園山笠  祇園祭
8月 青森ねぶた祭  秋田竿燈まつり  山形花笠まつり  仙台七夕まつり  阿波おどり
9月 おわら風の盆  花巻まつり  岸和田だんじり祭
10月 長崎くんち
11月 唐津くんち
12月 秩父夜祭  赤穂義士祭  春日若宮おん祭




▲このページのTOPに戻る
TOP 国民の祝日・休日 年中行事・節句 二十四節気 雑節 月別 お祝い事 日本の祭り
行事食 元号・西暦・年齢 早見表 季節の花 旬の食材 お正月あれこれ ことわざあれこれ リンク
Copyright(C)2005-2016 koyomigyouji. All Rights Reserved.