日本の行事・暦を気軽に楽しく生活に取り入れてみませんか。 koyomigyouji.com
気軽に、楽しく取り入れよう
日本の行事・暦


 日本の行事・暦雑節 > 土用

雑 節


【PR】 【じゃらん】愛犬と一緒に泊まれる宿(ネット予約OK!)特集

 土用(どよう)

土旺用事(どおうようじ)の略。 

土用というと夏を思い浮かべる方も多いと思いますが、土用は各季節にあります。

陰陽五行説で、春・夏・秋・冬をそれぞれ木・火・金・水とし、(余った?)土を各季節の終わりの18日間に当てはめたことから、立春立夏立秋立冬の前の18日間を土用といいます。
次の季節へ移る前の調整期間といったところでしょうか。

一般的には立秋前の18日間の夏土用をさします。この期間を暑中と呼び、暑中見舞いを出す時期でもあります。
また、夏土用に入って3日目が晴れれば豊作、雨が降れば凶作といわれています。この豊凶占いのことを「土用三郎(どようさぶろう)」といいます。

2017年は
冬土用:1月17日〜2月3日 (太陽黄径297度)
春土用:4月17日〜5月4日 (太陽黄径27度)
夏土用:7月19日〜8月6日 (太陽黄径117度)
秋土用:10月20日〜11月6日 (太陽黄径207度)

最初の日を「土用入り」最後の日を「土用明け」といいます。
※上記の太陽黄径は入りの日のものです。
※入りの日によって18日間でない場合もあります。約18日間と解釈してください。

土用の丑の日

夏の土用は、1年の中で最も暑さが厳しいとされる時期にあたるため、江戸時代にはこの期間の丑の日を「土用の丑の日」と重視し、柿の葉などの薬草を入れたお風呂に入ったり(丑湯)、お灸をすえたり(土用灸)すると夏バテや病気回復などに効き目があるとされていました。

年によっては、土用の期間に丑の日が2回訪れることもあります。この2回目の丑の日を「二の丑」といいます。

2017年は7月25日。二の丑は8月6日です。


うなぎ

7月の土用の丑の日にうなぎを食べると夏バテをしないといわれています。

実はこの風習、江戸時代の万能学者であり、発明家でもある平賀源内が仕掛けたものだったんです。
知り合いのうなぎ屋さんが夏はうなぎが売れないと困っていたのを見て、店の前に「土用丑の日、うなぎの日」という貼り紙をしたのです。
これが大当たりして、土用の丑の日にうなぎを食べる風習となりました。元々この日に「う」のつくものを食べると病気にならないという言い伝えがありましたので「う」のつく食べ物=「うなぎ」として定着したのでしょう。
栄養たっぷりのうなぎを食べて、夏バテを吹き飛ばしましょ。


土用の虫干し・土用干し

夏土用の時期に、カビや虫の害から守るため、衣類や書物に風を通して陰干することを土用の虫干しといいます。

また、この期間は田んぼに水を入れず、土をひび割れ状態にします。これは雑菌の繁殖を抑える効果があり、根がしっかりと張るんだそうです。

梅干しの天日干しもこの時期です。


土用にしてはいけないこと

・土を犯してはいけない(土を掘り起こしてはいけない)。

土用の期間は、土を司る土公神(どくしん・どくじん)という神様が支配するといわれ、土を動かしてはいけないとされてきました。今でも、家などを建築する際、土を掘り起こしたりする基礎工事などは土用の期間をはずす方が多いようです。
土用は季節の変わり目ですから、農作業で体調を崩さないようにとの戒めもあると思われます。


土用の間日(まび)

土用の期間中土を掘り起こしてはいけないとなると、いろいろと支障が出てきそうですね。でもご安心あれ。土公神が天上に行き、地上にいなくなる「間日(まび)」が設けられているので、この日は作業をしてもいいとされています。

冬土用の間日:寅・卯・巳の日
 ※2017年は1月18日・27日・28日・30日
春土用の間日:巳・午・酉の日
 ※2017年は4月24日・25日・28日
夏土用の間日:卯・辰・申の日
 ※2017年は7月20日・27日・28日、8月1日
秋土用の間日:未・酉・亥の日
 ※2017年は10月23日・25日・27日、11月4日・6日


・土を掘り起こす作業をしない。

夏土用
・暑中見舞いを出す。
・衣類や書物の虫干しをする。
・梅干しの天日干しをする。
・薬草などを入れたお風呂に入る。
・うなぎや梅干しなど「う」のついたものを食べる。

うなぎ、梅干し、瓜、うどんなど「う」のついた食べ物
土用の丑の日のうなぎは有名ですが、昔からこの日に「う」のつくものを食べると病気にならないといわれてきました。
例えば「梅干し」「瓜」「うどん」など。いずれも、食が細くなる夏に食べやすいものですね。このような言い伝えは先人たちのありがたいアドバイスともいえるわけです。

他にも「土用〜」という食べ物があります。
土用餅 土用しじみ 土用卵

 季節の言葉
土用波(どようなみ)
夏土用の時期に、穏やかな海に突発的に発生する大波のこと。はるか沖合にある台風の影響で起こります。
土用雨(どようあめ)
梅雨の終わりごろ、夏土用の時期に降る大雨のこと。
 
 関連書籍
大切にしたい にほんのたしなみ
広田千悦子 著/ソフトバンククリエイティブ
古くから伝わる先人たちの知恵や工夫を衣・食・住・冠婚葬祭に分けて紹介。今の暮らしにも活かしたい心配りや楽しみ方が詰まっています。
 
絵でつづる やさしい暮らし歳時記
新谷尚紀 監修/日本文芸社
二十四節気や雑節などの季節の移ろいや年中行事をやさしいタッチのイラストを交え紹介しています。
 
ホッと歳時記
コンドウアキ 著/大和書房
季節の暮らしをイラストで綴ったエッセイ。マンガを読むような感じです。
 
くらしを楽しむ七十二候
広田千悦子 著/泰文堂
七十二候に添って日本ならではの季節感漂う暮らし方を紹介。古き良き暮らし方を大事にしたいなと思わせてくれます。
 
和食育二十四節気
有名料理長の野崎洋光が二十四節気や季節の暮らしを交えながら、食育の知恵を教えてくれているお役立ち本です。
 
子どもと楽しむ行事とあそびのえほん
子どもと一緒に学べる、日本の年中行事や遊びが紹介された絵本です。
 
季節と暮らす365日
日本気象協会が編集した、日本の四季を楽しむ本。昔からの日本の行事、草花、衣・食などに関する「暮らしの知恵」も紹介されています。
 
日本の四季ごちそう暦―伝えたい旬菜と行事食
女子栄養大学調理学教授である著者が季節料理や行事食の由来や起源を丁寧に解説。レシピも掲載されています。
 
子暦
ディズニー運営の子育て応援サイト「ディズニー・ファミリータイム」に連載されている「子暦」が本になりました。文章もレイアウトもやさしいタッチ。子育てにも役立つ内容になっています。
 
和の暮らしが楽しい!おうち歳時記―毎日をハッピーに楽しく暮らすアイデアがいっぱい!
お正月や節分など、日本に古くから伝わる行事を楽しく取り入れる方法を書いた本。イラストを交えて解説されていますので、とてもわかりやすいです。
 
12ヶ月のしきたり―知れば納得!暮らしを楽しむ
二十四節気や干支などのしきたりや月ごとの行事をわかりやすく解説されています。年祝い住まいに関するしきたりも掲載されていて便利な一冊です。
 
季節の行事と日本のしきたり [ワンランク上のマナー手帖]
日本の古くからの風習やしきたりを、イラストを交えながら解説した実用書です。今の暮らしに合わせた楽しみ方も提案されています。
 
英語対訳で読む日本のしきたり
外国の方に日本の文化を説明するのは、結構難しいもの。この本は、日本の古くからのしきたりを日本語と簡単な英語で解説されています。英語の勉強にもなりますね。
 
日本のくらし絵事典 年中行事から伝統芸能まで
PHP研究所 編集/PHP研究所
幼稚園から小学生向けの絵事典。写真や絵を用いて日本の年中行事、伝統文化などを解説。親子で一緒に読むのに適しています。
 
知恵のある・和の家・和の食・和の暮らし
著者は、シンプルライフを提唱されている魚柄仁之助さん。「和」ならではの生活の知恵と工夫と実践を楽しく紹介されています。家造りから料理のレシピまで、内容ぎっしりの一冊。
 
おうちで楽しむ にほんの行事
イラストを交えながら、日本の行事についての解説や生活に楽しく取り入れる方法が書かれています。
 
日本の行事を楽しむ12カ月 くらしの歳時記
カラーイラストが満載で、わかりやすい構成になっています。暮らしに則した内容になっていて便利。
 
昔ながらの行事と手仕事をたのしむ、十二か月のレシピ にほんの食ごよみ
昔から伝わる季節ごとの行事や手仕事を楽しみたい人のためのレシピを収録。イラストを交えて、わかりやすく紹介されています。



京うどん

新橋玉木屋うなぎ蒲焼

琉球藍ランチョンマット
 


▲このページのTOPに戻る
TOP 国民の祝日・休日 年中行事・節句 二十四節気 雑節 月別 お祝い事 日本の祭り
行事食 元号・西暦・年齢 早見表 季節の花 旬の食材 お正月あれこれ ことわざあれこれ リンク
Copyright(C)2005-2017 koyomigyouji. All Rights Reserved.