日本の行事・暦を気軽に楽しく生活に取り入れてみませんか。 koyomigyouji.com
 気軽に、楽しく取り入れよう
日本の行事・暦
  日本の行事・暦 >  日本の祭り > 10月

「日本の行事・暦」のTOP
国民の祝日・休日
年中行事・節句
二十四節気
雑節
月別
お祝い事
日本の祭り
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
行事食
元号・西暦・年齢早見表
季節の花
旬の食材
お正月あれこれ
ことわざあれこれ
リンク

日 本 の 祭 り

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月


【PR】 マイルがたまる JALショッピング

10月
 

長崎くんち

10月7〜9日
長崎県長崎市

諏訪神社の秋の大祭。
日本三大くんちのひとつ。国の重要無形民俗文化財に指定されています。
寛永11年。二人の遊女が諏訪神社神前に謡曲「小舞」を奉納したのが始まりといわれています。その後、異国の踊りも取り入れながら、国際色豊かで豪華絢爛な祭礼へと発展しました。
奉納踊りのひとつ「龍踊(じゃおどり)」は有名ですね。

長崎市公式観光サイト あっ!とながさき  
鎮西大社諏訪神社
長崎市の宿
長崎市の天気


灘のけんか祭り

10月14〜15日
兵庫県姫路市

松原八幡神社の秋季例大祭。
例祭の原点ともいわれる「放生会(ほうじょうえ)」の始まりは11〜12世紀ころと推察されていますが、明らかではありません。現在のような氏子たちが主体となって行うようになったのは明治以降です。
荒々しい神事のため、天下の奇祭とか、全国の数ある「けんか祭り」の中でも最大規模の祭りといわれ、播州地方最大の秋祭りと称されています。
一の丸、二の丸、三の丸と呼ばれる3基の神輿のぶつかり合いと、重さが2トンを超える各地域の絢爛豪華な屋台(だんじり)の練り合わせが最大の見せ場です。

姫路観光ナビ ひめのみち
姫路・播磨の宿
姫路市の天気


 関連書籍
日本の祭りがまるごとわかる本
芳賀日向 著/晋遊舎
祭りの由来やアクセス、見どころなどがまとめられたガイドブックです。
 
[図解]神道としきたり事典
茂木貞純 監修/PHP研究所
神社にお参りには行くけれど、神道のことは意外と知らないもの。実は日常生活や年中行事と深くつながっているんです。この本では神道の基礎知識や年中行事などをわかりやすく解説。最初の1冊にいいと思います。
 
子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本
三浦康子 著/永岡書店
季節の行事や昔ながらのしきたりを親子で学べる絵本。絵本といっても、内容はとても豊富。大人も役立ちますよ。
 
日曜日のアイデア帖 ~ちょっと昔の暮らしかたで楽しむ十二か月~
大平一枝 著/ワニブックス
古くから伝わる季節の行事を取り入れて、暮らしを豊かに過ごそうという、解説本とはちょっと角度を変えた内容です。




神戸牛肉まん


長崎ごどうふ


トラベルケース



▲このページのTOPに戻る
TOP 国民の祝日・休日 年中行事・節句 二十四節気 雑節 月別 お祝い事 日本の祭り
行事食 元号・西暦・年齢 早見表 季節の花 旬の食材 お正月あれこれ ことわざあれこれ リンク
Copyright(C)2005-2018 koyomigyouji. All Rights Reserved.