日本の行事・暦を気軽に楽しく生活に取り入れてみませんか。 koyomigyouji.com

 気軽に、楽しく取り入れよう
日本の行事・暦

穀雨(こくう)

  日本の行事・暦 >  二十四節気 > 穀雨
 
【PR】 【じゃらん】 北海道のホテル・宿の予約

4月20日頃(2018年は4月20日)。 および立夏までの期間。
太陽黄径30度
清明から数えて15日目頃。
春季の最後の節気。

春雨が百穀を潤すことから名づけられたもので、雨で潤った田畑は種まきの好期を迎えます。この時季に、特に雨が多いというわけではありませんが、穀雨以降、降雨量が多くなり始めます。

「清明になると雪が降らなくなり、穀雨になると霜が降りることもなくなる」という言葉があるように、南の地方ではトンボが飛び始め、冬服やストーブとも完全に別れる季節です。

変わりやすい春の天気もこの頃から安定し、日差しも強まってきます。
昔から、この日を田植えの準備をする目安にしているようです。

穀雨が終わる頃に八十八夜を迎えます。


百穀春雨(ひゃっこくはるさめ)

この時期に降る雨は、百穀を潤し芽を出させる春雨として 「百穀春雨」といわれています。
穀雨は、種まきなどを始めるのに適した時期なので、農作業の目安にされています。

  
 季節の言葉
山笑う(やまわらう)
春、山の草木が一斉に芽吹き、明るく生気にあふれた姿になること。
春の季語になっています。
 
 関連書籍
鳩居堂の日本のしきたり 豆知識
鳩居堂 監修/マガジンハウス
創業350年の鳩居堂が日本のしきたりや伝統を現代の生活に即して解説。見開きで1項目ずつ、とてもきれいな写真と共にわかりやすくまとめられています。キャプションにもちょっとした豆知識や素敵な言葉が綴られています。
 
きょうの料理 七十二候
小山薫堂 監修/講談社
二十四節気をさらに分けた七十二候を紹介しながら、その季節に合った料理が365日分掲載されています。季節を感じる献立作りにとても役立つ内容になっています。




出雲鯵の干物


有田焼カップ

ラタンの
持ち手付きバスケット
  




  ▲このページのTOPに戻る
TOP 国民の祝日・休日 年中行事・節句 二十四節気 雑節 月別 お祝い事 日本の祭り
行事食 元号・西暦・年齢 早見表 季節の花 旬の食材 お正月あれこれ ことわざあれこれ リンク
Copyright(C)2005-2018 koyomigyouji. All Rights Reserved.