日本の行事・暦を気軽に楽しく生活に取り入れてみませんか。 koyomigyouji.com
気軽に、楽しく取り入れよう
日本の行事・暦


 日本の行事・暦二十四節気 > 春分

二 十 四 節 気


【PR】 [家庭画報]公式通販サイト

 春分(しゅんぶん)

3月21日頃(2017年は3月20日)。
および清明までの期間。
太陽黄径0度(春分点)
啓蟄から数えて15日目頃。

地球の赤道を延長した天の赤道と太陽の通り道の黄道がちょうど交差したところが黄径0度。
春分とは、太陽がちょうど黄径0度(春分点)に到達した瞬間のこと。
太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになります。
この日から夏至まで、昼がだんだん長くなり、夜が短くなります。
ヨーロッパなどでは、春分をもって春の始まりとしています。

春分・秋分の3日前から7日間をそれぞれ春の彼岸、秋の彼岸とします。
春分・秋分は「彼岸の中日」といいます。彼岸は日本独自の行事です。

雷が稲光り雷声が轟き始める時季でもあります。
暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、寒さは和らぎ過ごしやすい季節になります。
桜の開花情報が聞かれるのもこの頃からです。

官報で発表
祝日の春分の日は前年の2月1日に国立天文台が官報で発表する「春分日」を基準にして決められます。
  
社日(しゃにち)
春分、秋分に最も近い戊(つちのえ/いぬ)の日のこと。(前後同日数の場合は、前の方の戌の日を社日とします)

「社」は、生まれた土地の神様(産土神・うぶすながみ)のこと。この日に産土神を参り、春には五穀豊穣を祈り、秋には収穫の感謝をします。

春の社日は種まきの時期、秋の社日は収穫の時期にあたり、農業において大切な時期になります。
 春分の日

 彼岸

 夏至

 秋分

 3月の行事
 ぼた餅・おはぎの作り方 (生協・パルシステム)

 お墓参りのマナー (All About)
 季節の言葉
菜種梅雨(なたねづゆ)
3月下旬から4月上旬、菜の花の咲くころに降る梅雨時のような雨のこと。
花咲く時節の雨なので「花を催す雨」→「催花雨(さいかう)」とも呼ばれています。
「催花」と同じ音の「菜花」をあてたという説もあります。
育花雨(いくかう)
花や木の生育を促す春の雨のこと。「養花雨(ようかう)」ともいいます。
 
 関連書籍
日本の四季ごちそう暦―伝えたい旬菜と行事食
女子栄養大学調理学教授である著者が季節料理や行事食の由来や起源を丁寧に解説。レシピも掲載されています。
 
子暦
ディズニー運営の子育て応援サイト「ディズニー・ファミリータイム」に連載されている「子暦」が本になりました。文章もレイアウトもやさしいタッチ。子育てにも役立つ内容になっています。
 
和の暮らしが楽しい!おうち歳時記―毎日をハッピーに楽しく暮らすアイデアがいっぱい!
お正月や節分など、日本に古くから伝わる行事を楽しく取り入れる方法を書いた本。イラストを交えて解説されていますので、とてもわかりやすいです。
 
大切にしたい、にっぽんの暮らし。
さとうひろみ 著/サンクチュアリ出版
これまで年中行事や歳時記にあまりなじみのなかった方の入門書としておすすめ。やわらかいタッチのイラストが満載でとてもわかりやすく楽しい構成になっています。




総桐衣裳ケース


贈答用お線香

瀬戸焼 焼物皿揃




▲このページのTOPに戻る
TOP 国民の祝日・休日 年中行事・節句 二十四節気 雑節 月別 お祝い事 日本の祭り
行事食 元号・西暦・年齢 早見表 季節の花 旬の食材 お正月あれこれ ことわざあれこれ リンク
Copyright(C)2005-2017 koyomigyouji. All Rights Reserved.