日本の行事・暦を気軽に楽しく生活に取り入れてみませんか。 koyomigyouji.com
 気軽に、楽しく取り入れよう
日本の行事・暦
  日本の行事・暦 >  二十四節気 > 雨水

二 十 四 節 気




 雨水(うすい)

【PR】 ZUTTO−ずっと使いたいモノ、置いてます。


2月19日頃(2018年は2月19日)。および啓蟄までの期間
太陽黄径330度
立春から数えて15日目ごろ。

空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という意味。草木が芽生える頃で、昔から、農耕の準備を始める目安とされてきました。春一番が吹くのもこの頃です。
しかし、本格的な春の訪れにはまだ遠く、大雪が降ったりもします。三寒四温を繰り返しながら、春に向かっていきます。

地方によっても違うようですが、この日に雛人形を飾ると良縁に恵まれるといわれています。


三寒四温(さんかんしおん)
寒い日が三日ほど続くと、その後四日間ぐらいは暖かいということ。これを繰り返しながら、だんだん暖かくなり、春へと向かいます。
もともと、中国北部や朝鮮半島の冬の気候を表す言葉で、後に日本に伝わりました。



・雛人形の飾り付けをしましょう。この日に飾ると良縁に恵まれるといわれています。
 立春

 啓蟄

 桃の節句

 2月の行事
 雛人形の飾り方(天鳳堂)

 関連書籍
ニッポンの名前―和の暮らしモノ図鑑
服部幸應 他 監修/淡交社
衣食住、年中行事など、日本人として知っておきたい名前が写真やイラストを交え紹介。調べ物のときはもちろん、読み物としてもとても面白いです。
 
大切にしたい、にっぽんの暮らし。
さとうひろみ 著/サンクチュアリ出版
年中行事や歳時記をやさしいタッチのイラストをふんだんに使って解説。いろいろ知りたいけど小難しいことは苦手、という方にはおすすめです。
 
毎日が楽しくなるきせつのお話366
長谷川康男 監修/学研教育出版
年中行事や祝日の由来など、親子で一緒に読みながら学ぶ本。小さなお子さんだと文字の量が多いように思うかもしれませんが、随所にイラストがあしらわれていますし、すべての文字にカナがふられています。また、1日1話ずつ読み進めていけるように工夫されています。




祇園行灯

手巻き寿司用お盆
お皿セット


リネン枕カバー
  




  ▲このページのTOPに戻る
TOP 国民の祝日・休日 年中行事・節句 二十四節気 雑節 月別 お祝い事 日本の祭り
行事食 元号・西暦・年齢 早見表 季節の花 旬の食材 お正月あれこれ ことわざあれこれ リンク
Copyright(C)2005-2018 koyomigyouji. All Rights Reserved.