日本の行事・暦を気軽に楽しく生活に取り入れてみませんか。 koyomigyouji.com
気軽に、楽しく取り入れよう
日本の行事・暦

「日本の行事・暦」のTOP
国民の祝日・休日
年中行事・節句
二十四節気
小寒
・大寒
立春
雨水
啓蟄
春分
清明
穀雨
立夏
小満
芒種
夏至
小暑
大暑
立秋
処暑
白露
秋分
寒露
霜降
立冬
・小雪
大雪
冬至
雑節
月別
お祝い事
日本の祭り
行事食
元号・西暦・年齢早見表
季節の花
旬の食材
お正月あれこれ
ことわざあれこれ
リンク
 日本の行事・暦二十四節気 > 雨水

二 十 四 節 気


【PR】 西武・そごうのe.デパート

 雨水(うすい)

2月19日頃(2016年は2月19日)。
および啓蟄までの期間
太陽黄径330度
立春から数えて15日目頃。

空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という意味。草木が芽生える頃で、昔から、農耕の準備を始める目安とされてきました。春一番が吹くのもこの頃です。
しかし、本格的な春の訪れにはまだ遠く、大雪が降ったりもします。三寒四温を繰り返しながら、春に向かっていきます。

地方によっても違うようですが、この日に雛人形を飾ると良縁に恵まれるといわれています。

三寒四温(さんかんしおん)
寒い日が三日ほど続くと、その後四日間ぐらいは暖かいということ。これを繰り返しながら、だんだん暖かくなり、春へと向かいます。
もともと、中国北部や朝鮮半島の冬の気候を表す言葉で、後に日本に伝わりました。

・雛人形の飾り付けをしましょう。この日に飾ると良縁に恵まれるといわれています。
 立春

 啓蟄

 桃の節句

 2月の行事
 雛人形の飾り方(人形の秀月)
 季節の言葉
春一番(はるいちばん)
立春から春分までの間に、初めて吹く強い南向きの風(東南東から西南西の風向で8m/s以上)のこと。
※地域によってそれぞれの呼び方もあるようです。
 
 関連書籍
おりおりに和暦のあるくらし
現代の生活に、和暦を活かすおしゃれな実用書。昔から伝わる暮らしのヒントもいっぱいです。
 
旧暦びより―二十四の季節あそび
今も旧暦が生きる京都の放送局が編集した本です。二十四節気や雑節の解説の他に旬の食材なども紹介されています。
 
おうちで楽しむ にほんの行事
イラストを交えながら、日本の行事についての解説や生活に楽しく取り入れる方法が書かれています。
 
日本の行事を楽しむ12カ月 くらしの歳時記
カラーイラストが満載で、わかりやすい構成になっています。暮らしに則した内容になっていて便利。




蟹ちらし寿司の素

漆器のサーバー

会津塗 汁椀
 
▲このページのTOPに戻る
TOP 国民の祝日・休日 年中行事・節句 二十四節気 雑節 月別 お祝い事 日本の祭り
行事食 元号・西暦・年齢 早見表 季節の花 旬の食材 お正月あれこれ ことわざあれこれ リンク
Copyright(C)2005-2016 koyomigyouji. All Rights Reserved.