日本の行事・暦を気軽に楽しく生活に取り入れてみませんか。 koyomigyouji.com

 気軽に、楽しく取り入れよう
日本の行事・暦

霜 降(そうこう)

  日本の行事・暦 >  二十四節気 > 霜降
 
【PR】 【三越】2019年 三越のおせち

10月23日頃(2018年は10月23日)。および立冬までの期間。
太陽黄径210度。
寒露から数えて15日目ごろ。 

秋が一段と深まり、朝霜が見られる頃。朝晩の冷え込みが厳しくなり、日が短くなったことを実感できます。初霜の知らせが聞かれるのも大体このころで、山は紅葉で彩られます。 

コートや暖房器具の準備など、この頃から冬支度を始めます。
読書や編み物をしたりして、秋の夜長を楽しむのもいいですね。



霜が降りる気温

霜が降りるには、その周辺の温度が0℃以下であることが条件ですが、気象庁で発表される気温は地上から1.5mの高さで観測しますので、気温が3℃と発表されていても、地面の温度は0℃以下になっていることもあります。
農業はもちろん、花や植物の栽培にも霜は要注意。天気予報で予想気温が3〜4℃であっても霜対策をしておいた方がいいようです。

 季節の言葉
秋澄む(あきすむ)
秋の大気が澄みきった様子。遠くのものがはっきり見え、音も澄んでよく聞こえます。
 
 関連書籍
伝統色で楽しむ日本のくらし
石田結実穂 監修/マイナビ出版
京都の老舗絵具屋の十代目で日本の伝統色を活かした胡粉ネイルを開発した石田さんが監修。色や色名と共にそのルーツなどがとてもやさしい文体で紹介されています。
 
こころもからだも整う しきたり十二か月
井戸理恵子 著/かんき出版
古くから伝えられてきた行事やならわしには先人たちの知恵が詰まっています。これらを「しきたり」という形で身につけてにつけて、自然の流れと共に暮らしていこうという本です。




ハロウィン和菓子


大丸 和洋三段おせち


和歌山の紀の川柿
  




  ▲このページのTOPに戻る
TOP 国民の祝日・休日 年中行事・節句 二十四節気 雑節 月別 お祝い事 日本の祭り
行事食 元号・西暦・年齢 早見表 季節の花 旬の食材 お正月あれこれ ことわざあれこれ リンク
Copyright(C)2005-2018 koyomigyouji. All Rights Reserved.