日本の行事・暦を気軽に楽しく生活に取り入れてみませんか。 koyomigyouji.com
気軽に、楽しく取り入れよう
日本の行事・暦

「日本の行事・暦」のTOP
国民の祝日・休日
年中行事・節句
二十四節気
小寒
・大寒
立春
雨水
啓蟄
春分
清明
穀雨
立夏
小満
芒種
夏至
小暑
大暑
立秋
処暑
白露
秋分
寒露
霜降
立冬
・小雪
大雪
冬至
雑節
月別
お祝い事
日本の祭り
行事食
元号・西暦・年齢早見表
季節の花
旬の食材
お正月あれこれ
ことわざあれこれ
リンク
 日本の行事・暦二十四節気 > 小寒

二 十 四 節 気


【PR】 Yahoo!ショッピング

 小寒(しょうかん)

1月5日頃(2016年は1月6日)。
および大寒までの期間。
太陽黄経285度
冬至 から数えて15日目頃、冬至大寒の中間。寒さが加わる頃という意味で、いわゆる「寒の入り」のこと。

小寒から節分までの30日間を「寒の内」といい、寒風と降雪の時節で、寒さが厳しくなる頃。これから冬本番を迎えます。
寒稽古や寒中水泳が行われるのは、この「寒」の時季です。
立春が「寒の明け」になります。

この日から、寒中見舞いを出し始めます。

寒四郎
小寒から4日目。
この日の天候がその年の麦作の収穫に影響があるとされ、麦の厄日とされています。

寒九
小寒から9日目。
この日に降る雨は「寒九の雨」と呼ばれ、豊穣の兆しという言い伝えがあります。


・この日から「寒中見舞い」を出します。
・そろそろ、お正月の重箱や漆器などの片づけをしましょう。
・7日の人日にいただく、七草がゆの準備もお忘れなく。
 大寒

 人日

 鏡開き

 小正月

 1月の行事
 関連書籍
二十四節気でわかる 園芸作業―立春、啓蟄、穀雨、夏至etc.
各季節の12カ月の各月を上旬、中旬、下旬の3つに分け、それぞれの時期の主な園芸作業をイラスト入りでわかりやすく解説されている園芸読み物です。
 
京暦365日―都ぐらしのいざない帖
祭りや行事、しきたりや慣習など、京都の365日をカレンダー形式でまとめた一冊。年中行事の内容や由来の解説、季節ごとの食や見頃の草花なども紹介されています。
 
暮らしに生かす旧暦ノート
旧暦が築いた、日本のならわしや暮らし方がわかります。
 
常識として知っておきたい日本のしきたり
年中行事や古くから伝わる習慣などの由来や作法などを解説した本です。
 
日本を楽しむ年中行事
日本の年中行事をわかりやすく解説。事典のように調べやすくまとめていますが、読み物としても楽しめます。
 
おうちで楽しむ にほんの行事
イラストを交えながら、日本の行事についての解説や生活に楽しく取り入れる方法が書かれています。




梅柄のてぬぐい


霧島黒豚角煮


秋田杉のランプ
 
▲このページのTOPに戻る
TOP 国民の祝日・休日 年中行事・節句 二十四節気 雑節 月別 お祝い事 日本の祭り
行事食 元号・西暦・年齢 早見表 季節の花 旬の食材 お正月あれこれ ことわざあれこれ リンク
Copyright(C)2005-2016 koyomigyouji. All Rights Reserved.