日本の行事・暦を気軽に楽しく生活に取り入れてみませんか。 koyomigyouji.com

 気軽に、楽しく取り入れよう
日本の行事・暦

初午(はつうま)

  日本の行事・暦 >  年中行事・節句 > 初午
 
【PR】 「日本のいいもの集めました。」セレクトショップ《藤巻百貨店》
「日本の行事・暦」TOP
国民の祝日・休日
年中行事・節句
人日
小正月
初午
桃の節句
端午の節句
七夕
お盆
重陽の節句
十五夜
十三夜
七五三
正月事始め
二十四節気
雑節
月別
お祝い事
日本の祭り
行事食
元号・西暦・年齢早見表
季節の花
旬の食材
お正月あれこれ
ことわざあれこれ
リンク

2月最初の午(うま)の日(2018年は2月7日)。
本来は、農作業が始まる旧暦の2月に行われていました。

711年(和銅4年・奈良時代)のこの日に、稲荷社の本社である京都の伏見稲荷大社に稲荷大神が鎮座されたといわれています。

この日をしのび、伏見稲荷大社をはじめ、愛知の豊川稲荷や佐賀の祐徳稲荷神社など、全国の稲荷神社で盛大にお祭り(初午大祭)が行われます。

また、立春を迎える2月の最初の午の日は、一年のうちで最も運気の高まる日とされています。
※「午(うま)」は方位の南を示し、時間は正午を表わします。この時間は太陽が最も高く上がり、一日のうちで陽光の力が最も強まる時といわれています。

稲荷大神のお使いとされているのがきつねです。初午の日には、その好物といわれている油揚げやお団子などをお供えします。

餅まきが行われる地域もあります。


稲荷(いなり)

「稲生(いねなり)」が縮まったもの。
「稲」の神様「御饌神(みけつがみ)」(食物の神様)を 祀ったものであることから、商売繁盛、五穀豊穣などを祈願します。

いなり寿司
 日本の祭り

 2月の行事


 三大稲荷 伏見稲荷大社  豊川稲荷神社  祐徳稲荷神社

 いなりずしのレシピ(ホームキックキング【キッコーマン】)
 季節の言葉
余寒(よかん)
立春後の寒さ、寒が明けてもまだ残る寒さのこと。
※「寒」とは小寒から節分までの30日間のこと。「寒の内」ともいいます。
 
 関連書籍
ひらがな暦 三六六日の絵ことば歳時記
おーなり由子 著/新潮社
1日1ページ、絵日記のように季節を綴ったエッセイ。下の欄には「何の日」や季節の行事、豆知識も書かれています。常にそばにおいて、毎日読みたい本です。
 
暮らしをもっと豊かにする七十二候の楽しみ
小泉さよ イラスト/世界文化社
七十二候をもとに、その折々の旬の食べ物や自然、行事を見開きごとに解説。やさしいタッチのイラストもわかりやすいです。これから学ぼうという方は中ほどにあるコラムを最初に読まれると理解しやすいと思います。



加賀守岡屋
焼きいなり

稲荷用鳥居


米焼酎 まねきつね
  




  ▲このページのTOPに戻る
TOP 国民の祝日・休日 年中行事・節句 二十四節気 雑節 月別 お祝い事 日本の祭り
行事食 元号・西暦・年齢 早見表 季節の花 旬の食材 お正月あれこれ ことわざあれこれ リンク
Copyright(C)2005-2018 koyomigyouji. All Rights Reserved.