日本の行事・暦を気軽に楽しく生活に取り入れてみませんか。 koyomigyouji.com
 気軽に、楽しく取り入れよう
日本の行事・暦
  日本の行事・暦月別 >  8月

八月(葉月・はづき)


葉月

葉が紅葉して落ちる月「葉落(はおち)月」から「葉月」となったいわれています。
葉が落ちるのは秋では?と思われるかもしれませんね。
旧暦では、8月は秋なのです。

季節:初秋(しょしゅう) ※立秋から白露の前日まで。
 

【PR】 楽天市場 暑さ対策特集

8月の行事・暦・祭り(2018年・平成30年)


1日 (水) 土用二の丑
2日 (木) 青森ねぶた祭(→7日)
3日 (金) 夏土用の間日
秋田竿燈まつり(→6日)
4日 (土) 夏土用の間日
5日 (日) 山形花笠まつり(→7日)
6日 (月) 夏土用明け
仙台七夕まつり(→8日)


7日 (火) 立秋
8日 (水)
9日 (木) よさこい祭り(→12日)
10日 (金)
11日 (土・祝) 山の日
12日 (日) 阿波おどり(→15日)
13日 (月)
14日 (火)
15日 (水) お盆(月遅れ)
終戦記念日
16日 (木) 京都五山送り火
17日 (金)
18日 (土)
19日 (日)
20日 (月)
21日 (火)
22日 (水)

23日 (木) 処暑
地蔵盆(→24日)
24日 (金)
25日 (土)
26日 (日) 吉田の火祭り(→27日)
27日 (月)
28日 (火)
29日 (水)
30日 (木)
31日 (金)
 8月の別名
萩月(はぎづき) 
秋風月(あきかぜづき)
月見月(つきみづき)
木染月(こぞめづき)
雁来月(かりきづき)
草津月 (くさつづき)
燕去月(つばめさりづき)

 8月の暮らし

暑中見舞い(7日まで)
残暑見舞い(8日〜8月末まで)
紫外線対策 海水浴 花火大会 お墓参り
夏バテ対策 地蔵盆 台風の備え
 夏休み 旅行 花火 浴衣 簾(すだれ) 籐枕
 風鈴 かき氷 夏祭り 盆踊り 帰省
 葦簣(よしず) 冷奴 麦茶 扇子 水羊羹
 打ち水 ビール そうめん 鵜飼 蝉 日傘 氷菓
 蝉しぐれ 精進料理

 8月の自然

入道雲 雲の峰 山滴る 残暑
夕立ち 土用波 行合いの空

 8月の花  

向日葵(ヒマワリ)
月見草(ツキミソウ)
百日紅(サルスベリ)
朝顔(アサガオ)
百日草(ヒャクニチソウ)
山百合(ヤマユリ)
銭葵(ゼニアオイ)
竜胆(リンドウ)
白詰草(シロツメクサ)
ノウゼンカズラ

 旬の食材

野菜
トマト ゴーヤ オクラ
冬瓜(とうがん) 南瓜(かぼちゃ)
とうもろこし 枝豆(えだまめ)
茄子(なす)

魚介
鯵(あじ) 車海老 いさき あわび
舌平目(したびらめ) 鱸(すずき)
鰯(いわし)

果物
すいか 桃 無花果(いちじく)


 8月の行事食

お盆(月遅れ) 15日 精進料理  白玉団子  そうめん  型菓子
 

 時候の挨拶

残暑の候  残炎の候  暮夏の候  晩夏の候  残夏の候  処暑の候  早涼の候
新涼の候  立秋の候  残暑厳しき折り  残暑のみぎり  残暑凌ぎ難き候  晩夏のみぎり
熱帯夜の続く毎日ですが  立秋とは名ばかりの暑い日が続いていますが  暦の上では秋ですが
暑さもやっと峠を越えたようですが  風の音にも秋の訪れを感じますが

【結び】
残暑なお厳しき折、くれぐれもご自愛ください
晩夏の折、皆様のご健康をお祈り申し上げます
 
 8月の暮らしに関連したサイト
 紫外線情報(気象庁)
 夏バテ対策レシピ特集(味の素)
 
 季節を彩る雑貨

風 鈴

最近は見かけることが少なくなりましたが、チリンチリンという風鈴の音は涼を運んでくれる気がします。
風鈴は、昔厄除けや魔除けとして使われていました。お寺の軒の四隅に吊り下げられた青銅の風鐸(ふうたく)がはじまりだとか。あの清らかな音が聞こえるところでは災いが起こらないといわれていたそうです。

 
 8月の手土産

鶴屋八幡「塩入り百楽」

鶴屋八幡でおなじみの餡入り最中「百楽」。夏限定で販売されているのが「塩入り百楽」です。
この塩の塩梅(あんばい)が絶妙で、餡の甘みがまろやかに感じられます。今夏は猛暑で塩分補給も大切といわれていますし、先様の健康を気遣う気持ちも込めて。


 季節の言葉
炎天(えんてん)
夏の焼けつくような空や天気のこと。
 
 関連書籍
知っているとうれしい にほんの縁起もの
広田千悦子 著/徳間書店
日本の縁起物を「飾る」「祈る」「身につける」「愛でる食べる」に分けて紹介。なじみ深いもの、これも縁起物だったの?と驚くものたくさんあります。知識として学ぶだけでなく、日々の暮らしに何気に取り入れたくなります。
 
日本の伝統色を愉しむ ―季節の彩りを暮らしに―
長澤陽子 監修/東邦出版
日本伝統の和の色を解説すると共に、それぞれの季節ごとの風物詩や植物、食べ物なども紹介されています。色事典ではなく、やさしいタッチのイラストを交えながら綴られた読み物です。



 


アウトドアテーブル


宮崎産岩がき

江戸切子 葡萄文様




▲このページのTOPに戻る
Copyright(C)2005-2018 koyomigyouji. All Rights Reserved.